5 W 1 H
 学校の教育目標を達成するために、学校事務をそれぞれの職種の視点も取り入れながら、全体的な視野で考え「いつでも」「だれでも」「どこでも」迷わずに適切に業務が遂行できるような処理体制を確立することが重要であると考えました。

 そこで、それぞれの担当校務には、事務の流れとして途切れることのない重なり合う部分、例えていうなら、「糊しろ」の部分でしょうか・・・そんな横のつながりを大切にしたいと思い作成しました。 

 いつ(When)どこで(Where)だれが(Who)何を(What)なぜ(Why)どのように(How)が、イメージ的に簡潔に網羅されている事務必携・校務分掌の詳細版です。

 今回の改訂版は、共同事務室設置に伴い内容の見直しを行い、事務処理の流れに「共同事務室」を追加し、構成校とのネットワークツールの一つとしました。

  ダウンロードファイル
       5W1H (改訂版)
       (465 KB)


 
 ※エクセルで作成していますので、自由に修正
    してお使いいただけます。
 
 ※右の写真をクリックしてください。
     内容の一部を紹介します。

 ■ 学校事務5W1Hの内容
  
  総 務

    1 電話機の使い方(かけ方)
    2 電話機の使い方(受け方)
  
  文 書
    1 文書の起案をする
    2 受付文書の処理・保管
    3 提出文書を発送したい

  人 事
    1 結婚が決まった
    2 出産します(本人)
    3 転居することになった
    4 電話番号が変更になった
    5 免許を取得した(通信教育で新たに大学を卒業した)
    6 病気入院します
    7 退職します

  服 務
    1 出勤簿のつけ方
    2 印鑑がなくなった
    3 出張する
    4 休暇をとりたい
    5 私事旅行をしたい
    6 校外へ指導等で外出する
    7 身内に不幸があった
    8 家族が入院した

  管 理
    1 施設利用願いがあった
    2 物品貸与願いがあった
    3 水道管が裂けた
    4 電気が消えた
    5 火災警報機を誤動作した
    6 浄化槽の警報ランプが点灯した
    7 プ−ルの機械がおかしい
    8 備品・ガラス等がこわれた
    9 机・イスがこわれた、足りない
   10 時計が合っていない
   11 台風がきそうだ

  児童生徒
    1 児童生徒が転校する(分かった時点ですること)
    2 児童生徒が転校する(転入学通知書が届いたら)
    3 児童生徒が転入する(分かった時点で確認すること)
    4 児童生徒が転入する(登校日までに準備しておくこと)
    5 出席簿の記入について
    6 欠席の連絡があった
    7 通学路を変更したい
    8 修学旅行の帰校(予定時刻が変わった)
    9 児童生徒の保護者に不幸があった
   10 市マイクロバスを利用したい
   11 歴博・科学博物館を見学したい

  経 理
    1 消耗品がほしい
    2 備品を購入したい
    3 備品を廃棄したい
    4 図書がほしい
    5 学年・学級会計を担当した
    6 生徒会会計・販売会計等を担当した
    7 集金をした。募金を集めた
    8 体育等後援会の部費を使いたい

  福利厚生
    1 共済組合の被扶養者にしたい
    2 共済組合員証を紛失した
    3 臨時にお金を借りたい
    4 被扶養者が病気で入院した
    5 災害等により損害を受けた